美容師からの転職☆お仕事図鑑

資格・経験を活かす美容師からの転職ガイド

美容師からの転職で人気の美容系お仕事リスト

「美容師を辞めても美容業界で働きたい」

このサイトは、そんなアナタに読んでもらいたい就転職ガイドブックです。
美容師からの転職先として人気の職業の仕事内容・就職先・必要な資格・収入の目安など、『これから』のために役立つ情報をチェックしていきましょう。

美容師免許を活かして即戦力として活躍できる仕事もあれば、技術と知識をイチから身につける必要のある仕事もあります。

天職を見つけたい方、ダブルワークをしたい方、みなさんの再スタートを応援しています。

アイリスト
アイリスト(まつげエクステサロン)
アイリストになるには≫

仕事内容 まつげエクステンション・まつげパーマなどの施術を中心とした、受付・カウンセリングなどのサロン業務全般。
主な職場 アイラッシュサロン、ネイルサロン、美容院など
必須資格 美容師免許
持っていると
有利な資格
・JEA(日本アイリスト協会)認定資格2級
・JLA技能検定「アイデザイナー技能検定」2級
・NEA「プロアイリスト検定」3級
収入目安 月収18~25万円
時給1,000~2,000円
>>【必見】東京でNo.1の厚待遇サロンはココ!<<
ネイリスト
ネイリスト(ネイルサロン)
ネイリストになるには≫
仕事内容 ネイルケア(爪の成形や研磨)・人工爪づくり(スカルプチュア)・角質ケア・二枚爪などのケア・甘皮処理・ハンドマッサージなど。
主な職場 アイラッシュサロン、ネイルサロン、美容院など
必須資格 なし
持っていると
有利な資格
・JNEネイリスト技能検定試験2級
・JNAジェルネイル技能検定初級
・ネイルスペシャリスト技能検定試験A級
収入目安 月収15~20万円
時給850~1,200円
エステティシャン
エステティシャン(エステサロン)
エステティシャンになるには≫
仕事内容 フェイシャル・ボディケア・脱毛などの施術。受付・接客・カウンセリングなど全般。
主な職場 エステサロンなど
必須資格 なし
持っていると
有利な資格
・一般社団法人日本エステティック協会「認定エステティシャン」・日本エステティック業協会「AEAインターナショナルエステティシャン」
・CIDESCO-NIPPON「CIDESCOディプロマ」
収入目安 月収18~22万円
時給1,000~1,500円
ヘアメイクアーティスト
ヘアメイクアーティスト(ヘアメイクサロン)
ヘアメイクアーティストになるには≫
仕事内容 利用者のニーズや希望するテーマに合わせてヘアメイク・メイクを実施。アシスタントからスタートする場合が多い。
主な職場 ヘアメイクサロン、ブライダルサロン、美容院、テレビ局など
必須資格 なし
持っていると
有利な資格
美容師免許
・カラーコーディネーター
収入目安 月収14~16万円
時給800~1,200円
リフレクソロジスト
リフレクソロジスト(リフレクソロジーサロン)
リフレクソロジストになるには≫
仕事内容 足裏の反射区を刺激することによる全身の血流・リンパの改善。カウンセリングや生活習慣のアドバイス、受付・清掃など。
主な職場 リフレクソロジーサロン、リラクゼーションサロンなど
必須資格 なし
持っていると
有利な資格
・日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)レギュラーライセンス・日本リフレクソロジー協会(RAJA)認定リフレクソロジスト
収入目安 月収15~28万円
時給850~2,000円
セラピスト
セラピスト(リラクゼーションサロン)
セラピストになるには≫
仕事内容 アロマテラピー・カラーセラピー・アートセラピーなどで、人が抱える不安・疲労・ストレスを解消する。
主な職場 アロマテラピーサロン、リラクゼーションサロンなど
必須資格 なし
持っていると
有利な資格
・心理カウンセラー資格
・日本セラピスト検定機構・セラピスト検定2級・1級
・日本メンタルセラピスト協会認定・メンタルセラピスト検定資格
収入目安 月収16~20万円
時給850~1,200円
美容部員
美容部員(コスメカウンター)
美容部員になるには≫
仕事内容 化粧品カウンターにおける接客・販売。メイクの提案、製品の使い方のレクチャー、スキンケアなどのアドバイスなども。
主な職場 コスメカウンターなど
必須資格 なし
持っていると
有利な資格
美容師免許
・エステティシャン関連の資格
・日本化粧品検定2級・1級
収入目安 月収15~20万円
時給850~1,200円

美容師免許を活かせる職業「アイリスト」の魅力

せっかく取得した美容師免許を活かしたい、そんな元・美容師さんたちにおすすめなのがアイリスト。まつげエクステサロンの需要が高まっている今は、好条件で採用してもらえるチャンスです。

美容師からの転職にアイリストがおすすめな理由を詳しく見ていきましょう。

ニーズが高く、やりがいも十分!

まつげエクステの普及に伴い、アイリストは非常に求人の多い職業となっています。

しかし、安全・衛生への十分な配慮と、高度な技術を要するまつげエクステ・パーマは、美容師免許を持った人しか施術できません。そのため、ニーズに反して慢性的に技術者は不足気味。だから、美容師資格を持った人は、アイリスト経験がなくても歓迎されるのです。

繊細な目元を扱う技術で集中力を要しますが、やりがいは十分。技術を磨いていくことで、どんどんスキルアップできるのも魅力のひとつです。

キャリアアップ・独立も目指せる将来性の高さ

アイリストとして経験を積み、技術を磨くことでキャリアップもできます。

サロンの店長や幹部候補を目指したり、独立して自分のサロンを開業することも可能。勤めるサロンによってはキャリアアップ・開業支援制度があるので、募集条件をチェックしておくとよいでしょう。その他にも、スクールの講師やフリーランスとして活躍していく道もあります。

ライフスタイルに合った働き方を選べる

美容師よりも労働環境がハードではなく、残業や研修も少ないのがアイリスト。勤務形態の多くがシフト制のため、自分のライフスタイルに合った働き方を選べます。

子育てがひと段落した元美容師や、体力的に辛くて美容師を諦めた人が再挑戦する場としても、アイリストは選ばれているのです。美容師免許を持っていれば、実務未経験でもOKという職場が多いのも◎。

1~3ヵ月ほどの研修を受けることで、すぐにアイリストとして活躍していけるのも大きなメリットです。

美容師免許があれば好条件採用!都内の人気サロンはこちら

このページの上へ戻る